マレーシアは日本人が住んでみたい国ランキングでも1位にランクインした事もあります。

 

これからマレーシアで働く日本人は増加するだろうと予想されています。

 

マレーシアに進出する日系企業は2012年で1400社近くあり駐在員や現地採用の日本人も多く働いています。

 

親日の国でもあり、英語が使えれば生活や仕事が問題なく、治安や医療面でも心配がないマレーシア

 

これから市場規模も拡大、IT化が進み日本の会社の進出も顕著になります。
そこで働きたい日本人もチャンスが増えていると言えます。

 

 

マレーシア駐在の求人を探すためのポイント

 

駐在という事になるので、日本企業に在籍してマレーシア勤務となる働き方です。

 

渡航費や保険、現地での生活まわりも会社が面倒を見てくれるのが一般的です。コンドミニアムで裕福な生活ができます。

 

 

主に「大手」と呼ばれるような会社やそのグループ会社からで駐在員の募集が出ていますので、そこを狙いましょう。

 

@ いますぐ駐在員としてマレーシア勤務してほしいといった求人
A 将来的にマレーシア駐在をして欲しいが、暫くは国内勤務をして欲しい

 

このような求人を探すことが出来るでしょう。

 

 

 

マレーシア駐在の求人を探すための転職サービス3つ

 

 

今から転職を考えていて、マレーシア駐在で働きたい日本人ビジネスパーソン向けにおすすめの転職サービスを案内してみます。

 

 

ポイントは

 

@「グローバル企業の求人」を扱っていること
Aキャリアコンサルタント在籍で、転職支援や企業へのプッシュ(推薦)をしてくれること
B「現地採用」ではなくて、「駐在」での求人にフォーカスしていること

 

この3つを抑えている転職サービスが良いです。

 

 

Recruit Agent

日本でも認知度の高いリクルート社がグローバル企業を集めて求人情報を紹介しているのがこちらのサービスです。

 

語学力があり海外での勤務を希望する方むけに支援を行っているので、マレーシア駐在の求人を探すのに最も適しているサービスと言えます。

≫http://r-agent.com/

 

 

JAC Recruitment

こちらは元々英国発祥のサービスですが、日本を始めアジア各国に展開していまして、マレーシアにも支社があります。

 

外資系企業やマレーシア進出日本企業の求人もあり、駐在を希望する方はこちらも合わせて活用されると良いでしょう。

≫http://jac-recruitment.jp/

 

パソナキャリア

パソナは古くから日本人の海外転職をサポートしてきた会社ですが、その中でも特に国内企業を多く取り扱っています。

 

求人数はそう多くありませんが非公開の案件もあります。マレーシア駐在の求人はタイミングが良ければ紹介してもらえるでしょう。

≫http://pasonacareer.jp

 

求人探しの心構えと、転職活動の流れ

 

日系企業に所属してマレーシアの駐在員として働きたい場合には、まず、就職を希望する企業がマレーシアに拠点を持っていることがポイントとなります。

 

稀に、求人要項に業務拡張のためとしてマレーシアを新拠点にとしていることもありますが、すでに拠点を置いている企業を転職先に選んだほうが駐在員として派遣される可能性があります

 

新拠点設立のためのマレーシア駐在の求人は、キャリアに箔が付くため人気の仕事でもあるのですが。倍率が高いので求人を紹介してもらったら選り好みせずに書類だけでも出してみる、ぐらいの心構えが良いでしょう。

 

その後企業の担当者と面接してみたら、興味が湧いて行きたくなった、といったケースもありますからね。フットワークが軽い人のほうが成功しやすいのです。

 

さて、転職の流れですが国内で普通に転職活動するのと変わりませんから、用意するものは履歴書、職務経歴書、写真です。日系企業に応募するので基本的には日本語で記載した書類があれば十分です。

 

語学力は必須ですから、TOEICのスコア表や語学検定の証書があればコピーを添付します。その他にはパスポートが必要ですが、少なくとも有効期限の猶予が18ヶ月必要です。12ヶ月未満になっていれば更新手続きができるので、早めに対処しておきましょう。国際免許証も取得しておくと重宝します。こちらは入社が決まった後でも大丈夫でしょう。

 

転職サービスのキャリアコンサルタントに企業と繋いでもらい、書類選考→面接→合否通知→入社となります。途中、コンサルタントが同席してくれたり給与交渉を行ってくれたりもします。