マレーシアに生活拠点があって、現地で日系企業の転職先を探すという方法もあります。転職情報の入手方法はWEBや個人のネットワークなどがありますが、絶対に日系企業からマレーシア駐在員として働きたいのなら転職求人サイトへの登録が近道かもしれません。日本人向けに運営されている業者なら日本語でやり取りが可能です。転職活動のひとつとして視野に入れておくと良いでしょう。

 

日本で応募する場合と、現地で応募する場合とで必要になる書類が異なることも多いです。英語バージョンも用意しておくと安心です。そして、学歴には学校名だけでなく、取得した学位の記載があると有利ですし、職務経歴書はできるだけ詳しくどのようなスタンスで仕事に関わっていたのかを記載することで転職希望先にアピールできます。当然のことですが、前の職場もしくは現在勤務している職場の業務に関しては機密条項となります。倫理観を疑われますので絶対に記載しないことです。

 

日系企業の駐在員の面接を受ける場合、大きく2つの方法があります。日系企業に国内から応募した場合には、国内での面接となることが多いです。また、現地にいる採用担当がスカイプを介して面接に参加することもあります。現地において面接を受ける場合には、逆に日本の採用担当がスカイプから参加することもあります。応募の状況によっては、現地のオフィスで更に面接が行われます。現地に生活拠点がある人は問題がありませんが、日本に生活拠点がある場合は、すぐに渡航できる準備をしておくことが必要です。

 

住民票の状況によって手続きが異なります。日本から現地へ向かうとなると、住民票の転出届など生活拠点を海外に移動するための諸手続きが必要です。最も大事なのは就労ピザの取得手続きです。これがなければ海外で働くことはできません。さらに、住居は会社側が用意してくれることが多いですが、現地での生活環境の準備も必要です。マレーシアにすでに生活拠点を持っている場合には、煩雑な準備は特に必要ありません。パスポートと就労ピザがあれば、即日からでも働くことは可能です。