英語を母国語としない方の場合、その民族独特の英語を使うことがあります。

 

英語には日本語には無い発声の仕方や音がありますから、それが苦手で発音がカタカナを読んでいるような状態になってしまうという日本人が多いのもそのためです。

 

それでも、日本人は文法についてや単語についての知識はしっかりと勉強してきているので得意にしている方が多く、勇気をもってどんどん英語を使っていけばより上手になると言われています。

 

マレーシアでの就職や転職をするのであれば、英語を使う機会もグンと増えることになりますので、恥ずかしがっていたりせずに、いろいろな人と話をしていくことが大切です。

 

さて、マレーシア人は非常に高いレベルの英語力を持っていて、ほとんどの方が英語を使えると考えていても良いのですが、マレーシア人だからこその独特の英語があるのです。実際に、マレーシア人と一緒に仕事をするようになると、その特徴に気付かされるのではないでしょうか。

 

まず、英語を流暢に話しているように見えても、実は文法を無視していてメチャクチャだったりすることも少なくありません。

 

また、三単現に用いる「s」などを使っていなかったり、過去形を使わなかったりもします。これには、マレー語には過去形の変化が存在しないということが関係しているのでしょう。

 

さらに、語尾に「lah」を付けることで強調の意味をもたせたり、「meh」を付けることで疑問文にしたり、といったような面白い使い方をしていたりもするのです。