日本人からしたら、自宅にお手伝いさんを雇って家事など家のことをしてもらいながら生活するというのは大豪邸の大金持ちしか出来ないことだと思われるでしょう。

 

しかし、マレーシアの中流〜上流家庭では当たり前のように住み込みのお手伝いさんを雇っているのです。

 

住み込みで働いてもらうことも可能ですし、朝から晩ごはんの支度まで、といったように時間を決めて通いで来てもらうことも可能です。

 

マレーシアでの就職や転職をされている日本人の中にも、お手伝いさんを雇っているというケースが非常に多いので、必要があれば検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

単身でマレーシアに来ていて、いつも仕事で家を空けているために家の掃除や洗濯などをお願いしたい、という方はもちろんですが、ご家族で一緒にマレーシアに来られているというケースでもお手伝いさんを雇って自由な時間を過ごされている奥さまもたくさんいらっっしゃいます。

 

ただ、お手伝いさんを雇うときに注意して欲しいのが、しっかりと経験があり信頼できる人なのかどうかということをチェックするということです。

 

中には、お手伝いさんが家の物を盗んでしまい、次の日から来なくなってしまった、というケースもあるようです。

 

たとえば、日本人のご家庭でずっと働いていたという経験がある方だったり、任期を終えて帰国するご家庭から紹介してもらうという方ですと安心でしょう。

 

中には日本料理が得意だったり、日本語でコミュニケーションを取れるという方もいるはずです。