マレーシアは、東南アジア諸国の中では、かなり治安の良い国だということが言えるのですが、それでもまったく犯罪が起こらないというわけではありません。

 

毎日の生活で極端に気をつけなくてはならないというわけではないのですが、注意しておいて欲しいポイントがあります。

 

特に日本人が狙われやすい犯罪というのが、トランプを使ったカードゲームによる賭博詐欺です。

 

突然ショッピングセンターや駅やバスターミナルなど街中で日本語で声をかけられたというときには用心してください。

 

相手は、日本が大好きだから日本のことをもっと教えてほしいなどと話しかけてきて、お茶に誘ったり、どこかに一緒に連れて行ったりして、今度は食事やお酒をごちそうしたいということで家に来るように進められます。

 

家では家族、親族ぐるみと思われるグループが待ち構えており、賭博の話を持ちかけてくるのです。

 

最初は日本人にどんどん勝たせておいて、しばらくするとイカサマをして高額になる掛け金で負けさせられお金を巻き上げられてしまいます。

 

もしも手持ちの現金がないという場合には、そのまま銀行で下ろさせたり、貴金属店などに連れて行かれて金品を要求します。

 

こういったイカサマの賭博詐欺に遭ってしまう日本人は決して少なくありません。

 

ですから、日本語で話しかけられて会っても間もないのに家に行こうなどと親しげに誘ってくるような人物には気をつけるということがいちばんの予防策になります。